11月 « 2015年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

アメリカ西海岸ツアー 

2015年 12月20日 22:38 (日)

アメリカ西海岸へ行ってきました

新婚旅行です


会社の休みも少なく、その他私情でバタバタしていて全くバイクに乗れていません

暖冬なのに・・・  暖冬なのに!!



U・S・A !  U・S・A!


 ∧∧∧∧∧∧∧∧∧
< USA!USA!USA!USA! >
 ∨∨∨∨∨∨∨∨∨



会社の成果報告会のようなものの翌日に出発でしたので、忙しくて準備の一切を嫁に任せました
報告会の結果は良かったですが・・・


ルートとしては
セントレア⇒成田空港⇒サンフランシスコ⇒ラスベガス⇒
アンテロープキャニオン⇒ホースシューベンド⇒モニュメントバレー⇒
グランドキャニオン⇒セドナ⇒ルート66(セリグマン)⇒ラスベガス⇒
サンフランシスコ⇒ヨセミテ国立公園⇒サンフランシスコ⇒成田⇒セントレア

を8日間で 現地係員によるツアーです

夫婦ともに海外には行ったことがありませんでしたので2人でドキドキでしたね!笑




まずセントレアから成田、サンフランシスコを経由してラスベガスに入りました


アメリカは入国審査が厳しいと聞いていたので、ガイドブックを機内で読み、英語で答える練習をしてたんですが

なんか定型文とは全然違う感じで聞かれ、英語も聞き取りづらいしで

sorry! one more!! を夫婦で繰り返し

頑張って通してもらいました笑.゚+.(・∀・)゚+.

初日はラスベガス モンテカルロというホテルに宿泊
DSC_2305.jpg

この様相でホテルの位置づけ的には並みレベルなんだって…

ラスベガスに立つホテルにはみんな館内にカジノルームがあったり、レストランなんかが標準装備らしくモンテカルロも例外ではありませんでした

ダブルバーレルというお店で夕食
DSC_2292.jpg
けっこうデカイんすよこれが 奥のグラスもデカイし 

ツアーとは言いながらも、ガイドしてくれるのは国立公園などへの運転が中心で、それ以外は集合時間などを教えられるだけの自由なものでした

スーパー
DSC_2298.jpg
こういう日常的なものの方が文化が分かりやすいような


さあ 寝たら グランドサークルへの2泊3日です

広大な大地に点在する「RVパーク」
DSC_2359.jpg
RV キャンピングカーやレジャーを目的とした車で車中泊する旅人達の施設が設けられています

日本だと僕も道の駅やSA・PAなんかで車中泊しますが、アメリカは「それ」目的の場所が用意されているそうで
なかにはコンビニが併設されていたり低料金で電源が使えたりするらしい

羨ましい 文化の違いか…(´;ω;`)



∧∧∧∧∧∧∧∧∧
< USA!USA!USA!USA! >
 ∨∨∨∨∨∨∨∨∨

DSC_2388.jpg


アンテロープキャニオンという場所へ
DSC_2472.jpg
この造形は水によって出来たものだというから信じられない

この中を歩きました
DSC_2476.jpg
Flash Flood エリアだったかな? 看板が立ってて鉄砲水みたいなのが今でもこの中を流れるようです

つづいてホースシューベンド
DSC_2490.jpg
コロラド川が湾曲する地形で 対岸まで200m 高さも200mくらいって言ってたかな?

ホースシュー(馬の蹄)のようにベンド(曲げ)しているのが由来だそうです

柵が一切ありません   どこにでもバカは居るそうで…(´_ゝ`)
DSC_2508.jpg
毎年数名ここからスリリングな写真を取ろうとして落ちて死ぬそうです…

ちなみにGoproだとこの画角で撮影できます
GOPR0848.jpg
写真で見るよりずっと怖くてもっと迫力があって壮大な場所でした


つづいて個人的にはこの旅行で一番良かった場所 モニュメントバレーです
嘘みたいな造形をした岩が点在し、ひとつひとつがまさしくモニュメントのよう
DSC_2532.jpg
映画でしょうか…
DSC_2550.jpg
あまりの美しさ
DSC_2556.jpg

モニュメントバレーと言えばここでしょうか
DSC_2566.jpg
下の道に車が走ってますが 一個一個がむちゃくちゃデカイ!

この日はこの景色が部屋から見れるThe View というホテルというかロッジみたいな に宿泊

Goproでの朝日 バルコニーから撮影
GOPR0862.jpg

翌日インディアン系の人の運転でモニュメントバレー内のツアー

フォードのフルサイズバンでオフロード走行ですw 自分で走りたいww

岩の大きさを嫁が表してくれています 笑
DSC_2630.jpg


そしてグランドキャニオンへ
コロラド川の浸食によって出来た超デカイ崖らしい
DSC_2649.jpg
ホースシューベンドやモニュメントバレーではその壮大感を実感出来て軽く感動していました



グランドキャニオンは壮大過ぎる! 

ガイド「対岸まで20kmですよ」

( ゚Д゚)ハァ?

見えてる距離がおかしいだろ…
DSC_2650.jpg

写真では伝わりませんが実物で見ても良く分かりませんでした笑
DSC_2666.jpg

規模として圧倒的なんですが…なにをどう凄いって言っていいのか…

グランドキャニオンにあるマスウィックというロッジに宿泊
朝食です カフェテリア方式 
DSC_2708.jpg
レストラン等では英語が通じるか毎回緊張してました笑 なんとかなるもんです

その超デカイ崖の朝日 気温は-5℃くらいだったでしょうか 寒い…
DSC_2705.jpg


さあ!ラスベガスへ帰ります

途中セドナという文化的な街へ
DSC_2730.jpg
セドナにはボルテックスと呼ばれるいわゆるパワースポットがあり、世界的にも有名だそうです

そのボルテックスの一つ ベルロックという岩
DSC_2755.jpg
ガイドさんは、たまに手足が痺れたり、何かを感じ取ったりする人が居るよ!って言ってました

信仰的なものに薄い我々夫婦は何の変化も無く…(^ω^)

こういったクリスマスらしい?飾りも点在
DSC_2741.jpg

観光地観光地してるんですが、雰囲気は良い場所でした
DSC_2772.jpg
女子は好きでしょうね
DSC_2791.jpg

 ∧∧∧∧∧∧∧∧∧
< USA!USA!USA!USA! >
 ∨∨∨∨∨∨∨∨∨

DSC_2766.jpg

その後 ルート66 セリグマンという街
もはや旧道となってしまった歴史的な道路ルート66
その途中にある街をオールドアメリカな雰囲気で盛り上げようとする方の働きで観光客があつまる場所になったんだそう
DSC_2811.jpg
確かにオールドアメリカは分かるけど、気持ち悪いマネキンとか居ましたよ
DSC_2801.jpg

ラスベガスへ帰還
DSC_2822.jpg

眠らない街で「寝るのは軽犯罪」というジョークが飛ばされるほど、毎日毎晩が派手な盛り上がりを見せるラスベガス
ガイドさんが言った「作られた街ですよ」という皮肉通り、都会嫌いな僕には街そのものが派手さを着飾った虚像のように感じます

一言でいえば「異様」

表面では見えないところで大きなお金が動いていたり、知らない世界があるんだなぁ と想像してしまいます

ベガスの闇は深い
マンガに影響されすぎ(゚Д゚≡゚д゚)!?

そして続いてはサンフランシスコ市内観光から

フィッシャーマンズワーフ
DSC_2826.jpg
クラムチャウダーが有名で美味しいよって言われたのでレストランで
DSC_2828.jpg
そんな美味くないww

ウェイター「How is everything??」

ぼくたち「Good!!」 (美味いとは言ってない)

アメリカのウェイターさん達めっちゃ聞いてくるんですね まずいとか言えないし、英語しゃべれないし

噂のゴールデンゲートブリッジ
DSC_2853.jpg
向こう側はオークランドシティらしいです

ガイド「奥に見えるのでオークランドですよ!」
(レベル高ぇ)

市内全貌です
DSC_2863.jpg

綺麗な街ですねサンフランシスコ

でもホテル周辺の治安がイマイチでした笑

こえーよ(´;ω;`) 



最終日はヨセミテ国立公園へ

途中カリフォルニアらしい店でカリフォルニアっぽいものを購入
DSC_2885.jpg

ヨセミテは雰囲気的には上高地でしょうか
DSC_2978.jpg
綺麗な水と、岩、山 

すごく落ち着ける環境で好きですね

でも上高地もやっぱり素晴らしいです アクセスが面倒なだけで

1000mの直立の壁 エル・キャピタンロッククライマーの聖地だそうです
DSC_2963.jpg
何のポーズなのか…(=∀=)


その後無事 帰国しました


アメリカに住んでいたら仕事なんかせず、全土を旅しているかもしれないなぁ~などと想像しつつ

言葉が通じるってことはもっと過酷な旅が出来るな!と一つレベルアップした気分になった旅行でした 
スポンサーサイト